資料請求

CODE for Businessとは

当社の開発したアプリ「CODE」は、お客様と企業を購買データで結び、企業と消費者のコミュニケーションや、消費者の調査研究を実施することを目的に開発されました。企業の皆様にはこれらのデータを基に、より良い商品開発や店舗づくりを実現していただき、その対価として我々が消費者にポイントを還元する、まさに「情報銀行」のようなモデルとなります。

『CODE for Business』は、企業向けにCODEのデータを可視化/活用できるようにしたツールです。大きく以下の2つの機能があります。

①DataView【見る】- 消費者を可視化/分析、炁になった項目を即時、分析可能(属性比・リピート有無・口コミ評価など)②Connect【使う】-消費者へのアプローチ、炁になったユーザーに即時、施策実施可能(Ads・SP・Researchなど)

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

DataViewとは

ワンストップで定性/定量データをご提供。
正しい競合商品や属性の探究からご活用頂けます。

①DataView【見る】- 消費者を可視化/分析、炁になった項目を即時、分析可能(属性比・リピート有無・口コミ評価など)②Connect【使う】-消費者へのアプローチ、炁になったユーザーに即時、施策実施可能(Ads・SP・Researchなど)
  • 商品の売れ筋/評価を見る(見つける)
  • 自社商品利用者からの評価を調べる
  • 競合商品と比較して機会を洗い出す
  • 試用後に継続しているか見てみる
  • 併せて買われがちな商品を知る
  • など

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

DataViewの特徴

DataViewの特徴は、主に下記の3点。

即時性

前日~直近2年間のデータを閲覧可能。常に全国の最新情報を見ながら意思決定できるように。

生の声

確実に購入した消費者の商品評価/口コミを閲覧可能。バイアスのない自然購買での生の声が分かるように。

データの質

  • レシート×バーコードによる確実な購買データ
  • 個人の連続した消費購買データ(シングルソース)
  • 特定の加盟店/地域に限定されないデータ
  • どこで買ったか(店舗名)まで分かるデータ
  • 惣菜/PBを含む併せ買いのデータ
  • など

上記を10万人以上の規模で分析可能。今まで確かめられなかった軸での検証も可能に。

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

活用データの種類

購買+消費データを、様々な軸で集計し、ビジュアライズ。簡単に分析着手が可能。
具体的には、下記4データを様々な軸から分析できます。

元データ

元データ

アウトプット

  • 【ランキング】売れ筋/高評価
  • 【各種 表/グラフ】店舗別/属性別など
  • 【その他補足情報】画像/実売価格帯など

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

提供する価値

確かな仕組みと長年の運用による各種ノウハウに裏付けされた、高品質なデータをご提供します。

01
シングルソース / 購買チャネルを横断

消費者の実態を極めて正確に把握可能。

02
業界スタンダードなデータに準拠

JICFS/IFDB(JANコード統合商品情報データベース)を活用。

03
ユーザーからパーミッション取得済

データ利用許諾をユーザーから取得済。なお、個人情報は非提供。
※当社はPマーク取得企業です。
Pマーク

04
鮮度が高い

登録タイミングが、ほぼ1h以内(会計 / 帰宅直後)に集中。

05
登録漏れが少ない

  • そもそもデータ提供によりメリットがある仕組み。(まるで情報銀行のような設計)
  • さらに、ゲーミフィケーション導入により、レシート/商品のスキャン漏れを抑えることに成功。

06
ノイズが少ない

  • 特許取得済の、より確実な購買証明(特許第5980448号)
  • 不正をリアルタイムで抑制する仕組み(重複アラート)
  • 独自アルゴリズムでのデータSync(システムノウハウ)
  • さらに、一部データを人的チェック(運用ノウハウ)
  • 各種評価データも購買者のみ投稿可能(不当な荒らし防止)により、提供データの品質を担保。

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

他社比較

CODEで取得/整備した詳細かつ大量のデータは、制約も少なく、見たいものが見られます。

ID-POS

  • 取得データが確実かつ大量。
  • 特定小売/店舗のデータに限られる。特に大手小売のデータは入手困難。

決済サービス / ポイント会員

  • より複数の小売/店舗を横断したデータ。
  • 特定小売/店舗のデータに限られる。決済データのため、商品情報などの明細がない。

レシートアプリ(家計簿等)

  • CODEに近く、特色や累計ユーザー数などで差異。
  • 取得データがレシートの文字列に依存。各社で表記揺れなどもあり、読み取れたデータの整備(名寄せ/カテゴリ分類)は、極めて難しく、手間がかかる。

各調査会社保有パネル

  • ユーザー属性を細かく聴取し、保有。
  • データ量が絶対的に少なく、レギュレーションの厳しさから、できないことも多い。

小売/店舗を限定せず、データ整備を行っており、(パネルではなく全量データを目指しているため)制約も少ない。

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

DataViewで分かること

01
【カテゴリ】全体分析

カテゴリ内の売れ筋商品や評価の高い商品を把握可能。購入チェーンや、各種属性分析も。

02
【単一商品】詳細分析

特定商品の、購入チェーン/各種属性分析はもちろん、購入金額や併せ買い商品、口コミ評価などを把握可能。

03
【複数商品】比較分析

複数商品を並べて比較することで、類似/差異ポイントの特定が可能。

04
【単一商品】リピート分析

特定商品/カテゴリの、期間内リピート有無を把握可能。

05
【単一商品】流入/流出分析

指定期間でのブランドスイッチ特徴を把握可能。

補助機能
商品検索

調べたい商品のバーコードが不明な時に、検索可能。

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

アウトプットイメージ

商品購入推移

複数商品の購入状況を比較することが可能です。

商品購入推移

商品購入場所

どこで商品が購入されているかが分かります。

商品購入場所

高評価商品ランキング

消費者の口コミ評価が高い商品が分かります。

高評価商品ランキング

商品購入エリア

どのエリアで商品が購入されているかが分かります。

商品購入エリア

併せ買い商品

よく一緒に購入されているカテゴリ、商品が分かります。

併せ買い商品

商品口コミ評価

消費者の口コミを確認することが可能です。

商品口コミ評価

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

Connectとは

可視化/分析した結果に基づき、各種施策と結果の可視化が可能です。

可視化/分析した結果に基づき、各種施策と結果の可視化が可能です。

DataViewで気になったユーザーに対して...

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

今後の追加機能

Connectのセルフ化(実装予定)
企業のご担当者様がご自身で設定&配信可能になります。

可視化/分析した結果に基づき、各種施策と結果の可視化が可能です。

DataViewで気になったユーザーに対して...

Reasearch
SP
Ads

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

CODEとは

レシートとバーコードをスキャンすることで、ポイント(お金)が貯まるアプリです。

レシートとバーコードをスキャンすることで、ポイント(お金)が貯まるアプリです。
もっと詳しく

買い物登録をメインに、アンケート回答や商品評価などによって、2種類のポイントを獲得できる仕組み。買い物登録では、レシートとバーコード両方の登録により、高精度な購買データを保有。(特許取得済:特許5980448号)

アンケート回答
買い物登録
商品評価
TAMARUポイント
CODEコイン

“お得な情報”に載っていない商品も、「03.宝くじを引く(バーコードチャンス)」でお金が貯まる仕組みがモチベーションとなり、買い物登録。
「いつものお買い物をちょっとお得に楽しく」を実現。

01
各種“お得な情報”をチェック

クーポン、懸賞、スタンプ

02
買い物した内容を登録する

レシート撮影、バーコード読込

03
宝くじを引く(バーコードチャンス)

バーコードチャンス

04
アンケート回答で追加ポイント(クエスト)

クエスト

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求

数字で見るCODE

右肩上がりに、ユーザー/データは増え続けています。

商品登録数は月間2,000万件突破!!

世帯の代表購買者と思われる、20〜40代女性がメインユーザーです。

性別
年代
地域

CODE for Businessのご利用はこちら

資料請求