当社が解決できること

業界から探す

食品

写真:新商品の店頭認知度調査 - ビールメーカー
新商品の店頭認知度調査 - ビールメーカー

店頭の視認性に問題があることが判明。

【分かったこと】
店頭の視認性に問題があることが判明。

【活用方法】
POPなどでの店頭での見せ方を検討。

食品新商品トラッキング調査MycommentCODE

写真:自社商品の特長を明確にする調査 - 酒類メーカー
自社商品の特長を明確にする調査 - 酒類メーカー

販売好調な自社商品をお持ちのクライアント。実績とは裏腹に自社商品が何故売れているのか?を明確にするべく調査しました。

【分かったこと】
数ある特長の中でターゲットごとの優先順位付けが可能になり、更なるペルソナ像の深堀に寄与。

【活用方法】
抽出した新ターゲットに絞った売り文句を軸に継続的に訴求を行うことに。

食品競合比較調査MycommentCODE

写真:競合の人気商品が売れる理由を調査 - 冷凍食品メーカー
競合の人気商品が売れる理由を調査 - 冷凍食品メーカー

ライバル会社のとある商品が販売好調とのことで、他社製品が何故好調なのか?また自社に取り入れることで優位に立てる部分がどこなのかを調査しました。

【分かったこと】
自社が気にも留めていなかった部分(特にパッケージへの指摘)が競合商品への支持のポイントとして挙ってきたことで改めてその部分を比較。比べてみると確かに、自社には該当表現が少ないことが判明。

【活用方法】
とり急ぎ、パッケージの変更を行い。他社と同水準までに表記内容を変更することに。

食品競合比較調査MycommentCODE

写真:発売前の新商品の評価及び使用実態を把握する調査 - 食品メーカー
発売前の新商品の評価及び使用実態を把握する調査 - 食品メーカー

発売前の新ジャンル調味料の消費者評価を知るために、モニタの自宅へサンプルを郵送して10日間使用するHUTを実施しました。商品評価の他、実際に使った用途や調理画像を調査しました。

【分かったこと】
商品の使用例や食卓画像を入手することは勿論、調査終了後も追加で使用タイミングなどを確認することもでき、当該企業様における従前のHUTよりもデータを深堀に成功。

【活用方法】
結果的に、バイヤー向けの営業資料用にも使える、ブランドスイッチの可能性を確認できました。また家庭内実態と組み合わせて新商品のアイディアも取得。

食品HUT調査Mycomment

写真:訪日客に対する店頭調査 - 食品メーカー
訪日客に対する店頭調査 - 食品メーカー

訪日客に対して、該当施設内のPOPに気づいたのかどうかを探る調査を実施しました。

食品インバウンド(訪日客)調査インバウンドリサーチ

写真:商品のブランド存在価値を調査 - ビールメーカー
商品のブランド存在価値を調査 - ビールメーカー

主力商品のリニューアルを検討するにあたり、広範囲に自社商品の愛飲ユーザーや競合ユーザーを調査。主に、機能よりも情緒的価値を中心に調査しました。

【分かったこと】
競合ブランドのカバー領域をアップデートできました。また、競合も自社もリーチできていない部分を発見。

【活用方法】
競合も未着手のドメインに自社商品を投入を決定。現在開発中。

食品ブランディング調査MycommentCODE

写真:テレビCMの効果測定調査 - ビールメーカー
テレビCMの効果測定調査 - ビールメーカー

TVCMを放映してるが、本来届けたいターゲットに対してメッセージが届いているのか、ターゲット毎に、とある飲料や競合飲料などの飲用実態を把握し、その上でテレビCMの動画を閲覧させ、認知度や印象などを調査しました。

【分かったこと】
認知度こそ高いが、肝心のターゲットとなるとある属性においては、メッセージが届いていないことが判明。しかも、誤解されていることも分かりました。

【活用方法】
CMに使うキーコンセプトそのものを変更。CMも上記内容に沿うように変更し、ターゲットに対しての訴求をよりシャープにすることに成功されました。対象属性のトライアル獲得にも寄与。

食品広告効果測定調査Mycomment

日用品

写真:試作品の評価を把握する調査 - 日用品メーカー
試作品の評価を把握する調査 - 日用品メーカー

機能性を改良した試作品の消費者評価を知るために、モニターの自宅へサンプルを郵送してHUTを実施しました。機能性の評価を重視し、回答には動画を含ませました。

【分かったこと】
試作品の機能が評価されました。

【活用方法】
改良した試作品を発売。

日用品HUT調査Mycomment

写真:シニア層の価値観把握調査 - 日用品メーカー
シニア層の価値観把握調査 - 日用品メーカー

シニア層に対して、普段使用しているものを画像で取得して、価値観を把握する調査を実施しました。

【分かったこと】
体の健康意識が高い人は心も満たされていることが分かりました。

【活用方法】
健康グッズの売り場展開に活用。

日用品シニア層の調査Mycomment

写真:シニア層の使用実態把握調査 - 日用品メーカー
シニア層の使用実態把握調査 - 日用品メーカー

普段の使用アイテムやその使い方を画像・動画で取得し、その実態をアンケートを用い聴取。ネットリサーチパネルに登録していない年代、属性の実態を調査しました。

【分かったこと】
手先の器用さを求める商品において、メーカーの想定を超える利用のされ方の実態をビジュアルで把握できました。

【活用方法】
社内での重要な実態データベースの作成に寄与。また、ある種レアケース的な使用実態を把握することで、商品の安全基準を考える上で、重要な事例を取得できました。

日用品シニア層の調査Mycomment

写真:店頭POPの効果比較測定調査 - 文房具メーカー
店頭POPの効果比較測定調査 - 文房具メーカー

店頭POPの効果を確認するべく、消費者(生活者)が普段無意識に対象売場に求めているものを可視化すべく、とあるチェーンにおいての自社・競合他社含め売場への印象を比較調査しました。

【分かったこと】
そもそも、自社他社含め、POP自体が効果的でないことが判明。効果的な、店頭のとある行動(店頭で試し書きができたり・・・)や要素(バリエーションの見せ方)の抽出に成功。

【活用方法】
POPや什器含め店頭販促活動の来期方針への基礎データとして活用。

日用品広告効果測定調査Mycomment

美容・ファッション

写真:新商品の店頭認知度調査 - 化粧品メーカー
新商品の店頭認知度調査 - 化粧品メーカー

店頭の視認性に問題があることが判明。

【分かったこと】
店頭の視認性に問題があることが判明。

【活用方法】
POPなどでの店頭での見せ方を検討。

美容・ファッション新商品トラッキング調査MycommentCODE

写真:店頭の購買から家庭内使用実態まで一気通貫で把握する調査 - 化粧品メーカー
店頭の購買から家庭内使用実態まで一気通貫で把握する調査 - 化粧品メーカー

販売不振の機能性商品の原因を探るために、HUTを実施しました。店頭認知調査を兼ねて、モニタ自身が店頭で購入し、商品評価の他、使用実態も調査しました。

【分かったこと】
店頭認知・使用感ともに問題があることが判明。

美容・ファッションHUT調査Mycomment

写真:店頭POPや什器前など売場総合調査 - 化粧品メーカー
店頭POPや什器前など売場総合調査 - 化粧品メーカー

売場こそ差別化のポイントとなると考えているクライアント企業は、とある小売店チェーンにおいて、競合他社と自社、2社に絞り売場、POP、接客など統合的に買いまわりプロセスを調査しました。

【分かったこと】
商品のユーザーである、既存顧客郡と未使用顧客郡の間には商品を見る際のポイントが大きく異なることを発見できました。

【活用方法】
次回商品開発に、調査結果をエッセンスとして組み込むことが決定。

美容・ファッション広告効果測定調査Mycomment

小売・流通

写真:店内動線に関する競合店舗との比較調査 - 複合商業施設
店内動線に関する競合店舗との比較調査 - 複合商業施設

ある商業施設様にて、同一地域における競合施設との競合比較において、双方の客観的な状況を把握するために、店内動線を調査

【分かったこと】
競合はすべてのコーナーを万遍なく利用されているのに対して、自社は特定のコーナーが利用されていないことが分かった。

【活用方法】
特定のコーナーへお客様を導くための施策を検討した。

小売・流通店内動線調査Mycomment

写真:訪日客に対する店頭調査 - 百貨店
訪日客に対する店頭調査 - 百貨店

訪日客に対して、なぜ該当施設で購入したのかしなかったのかを探る調査を実施しました。統計資料以上の情報を取得するために、実際フェイスtoフェイスでのインタビューを定量的に行いました。

【分かったこと】
意外な盲点の発見と、実際当該サービスにおけるイメージや競合比較など、豊富な情報を定量的に深堀できました。

【活用方法】
この調査を元に、重点項目を再度、訪日客に深堀調査。結果サービスの改善に寄与。

小売・流通インバウンド(訪日客)調査インバウンドリサーチ

飲食

写真:顧客満足度に関する競合店舗との比較調査 - 居酒屋
顧客満足度に関する競合店舗との比較調査 - 居酒屋

同一地域における競合チェーンの店舗との利用者の評価を比較するための調査を実施しました。

【分かったこと】
自社は落ち着いた雰囲気が評価されて、選ばれているが、競合はメニューの種類や安さで選ばれていることが判明。

飲食競合比較調査Mycomment

写真:特定メニューの評価を把握する覆面調査 - 飲食店
特定メニューの評価を把握する覆面調査 - 飲食店

季節対応のメニューの販売実績が芳しくなく、その内容の多角的な検証のために調査を実施しました。

【分かったこと】
商品自体のネーミング、味そのものは問題がなく、むしろ高評価。一方、注文のメニュー表への反映に問題発見。メニュー表そのもの、また当該特別メニュー分かりくいことが判明。

【活用方法】
メニュー表の見直しを検討。またその際に、体験後のユーザーからのフィードバックをもとにネーミングを再検討。

飲食ミステリーショッパー(覆面調査)Mycomment

写真:接客の改善点を明確にする覆面調査 - 飲食店
接客の改善点を明確にする覆面調査 - 飲食店

スタッフの接客課題を明確にする為の調査を実施しました。

【分かったこと】
特に商品提供時のスタッフの接客課題が明らかになりました。

【活用方法】
商品提供時の接客を重点的に改善活動を実施中。

レジャー・エンタメミステリーショッパー(覆面調査)Mycomment

写真:売上不振店調査 - 飲食店
売上不振店調査 - 飲食店

売上が伸び悩む店舗に対して、なぜ売上不振になるのか、どう改善をすれば良いのかを多角的に調査しました。

【分かったこと】
ターゲット層と店舗コンセプト・商品のミスマッチが大きな原因となっていたことが判明。

【活用方法】
コンセプト変更よりも、店舗閉店をし、早期にコスト削減予定。

飲食ミステリーショッパー(覆面調査)Mycomment

写真:競合店舗との顧客満足度比較調査 - 洋菓子店
競合店舗との顧客満足度比較調査 - 洋菓子店

ベンチマーク対象としている他社と2強状態であるクライアントは、そのライバルである競合他社の商品、サービス、その他を各エリアにおいて、定期的に調査しました。

【分かったこと】
商品自体は、圧倒的に勝利を収めていることが分かる一方、店舗施設のとある部分が完全に負けていて、お客様の印象に占める割合も少なくないことが判明。

【活用方法】
上記重点ポイントを中心に改善。店舗ハードに関する部分はすぐに変更できないので、オペレーションで改善できる部分から着手。

飲食顧客満足度調査Mycomment

冠婚葬祭

写真:雑誌広告の効果測定調査 - ウェディング会社
雑誌広告の効果測定調査 - ウェディング会社

その対象ビジネスにおいて大事なマーケティング手段の1つである雑誌媒体への広告出稿。広告費の抑制や、費用対効果の最大化を狙い、そもそも、見込みユーザーがどのようにその雑誌や広告を評価しているのかを調査しました。

【分かったこと】
複数回の調査において、広告に使う色やレイアウトにおいて確実に目をひく方程式が判明。また自社においてキーコンテンツにおいていた一部が、同業との差別化が図れていないなどの、ズレを発見できました。

【活用方法】
効果のあるコンテンツページへの出稿を増やし、とあるコンテンツからの出稿を減らす、という最適化を実施。今までと比較して集客数増と、結果的に広告費抑制に寄与。

冠婚葬祭広告効果測定調査Mycomment

自動車

写真:従業員の接客の実態把握調査 - 自動車ディーラー
従業員の接客の実態把握調査 - 自動車ディーラー

カーディーラー(自動車販売店)における接客(営業)の調査。従来型の覆面調査ではオペレーションチェックが主眼だったが、お客様の一連の検討プロセスの中での接客調査を実施しました。

【分かったこと】
今までは、挨拶の有無や印象など「チェック」が主だったが、接客対象の実際のお客様の家庭内実態や検討プロセス、本音などを一緒に取得していたので、○と×の背景にある「何故?」を深堀することができました。

【活用方法】
接客改善はもとより、その後、営業教育の題材としても活用中。

自動車顧客満足度調査Mycomment

金融

写真:近隣店舗顧客満足度比較調査 - 金融機関
近隣店舗顧客満足度比較調査 - 金融機関

対象エリアは、競合ひしめくエリアとしても有名で、そこに同業他社が続々と出店。従来そのエリアでの基盤を持つクライアントは、競合店の新規利用者や、自社離脱(離反)顧客の実態を把握するため、調査しました。

【分かったこと】
離反顧客自体はまだ多くなく、それよりも、離反予定顧客の存在を把握。具体的にはとあるサービスにおいて、自社顧客の満足度が低く、その部分を明らかにできました。

【活用方法】
サービスの内容や提供方法を含め、改善検討。

金融顧客満足度調査Mycomment

レジャー・エンタメ

写真:会員登録フローの改善点を明確にする覆面調査 - スポーツジム
会員登録フローの改善点を明確にする覆面調査 - スポーツジム

入会率が芳しくないため、入会までの一連の顧客体験の中で、離脱につながる要素とその寄与度を測定しました。

【分かったこと】
複数の属性において調査を行った結果。女性ユーザー群の入会前プロセスに大きな要因があることが判明。

【活用方法】
入会前、具体的にはとある部分の不安払拭がポイントなのでその部分のオペレーションの改善と社内共有の徹底を実施。

レジャー・エンタメミステリーショッパー(覆面調査)Mycomment

メディア・広告

写真:家庭内の消費実態調査 - 広告会社
家庭内の消費実態調査 - 広告会社

新しい商品開発の元となるデータを取得するために、家庭内のあらゆる商品を画像で取得する調査を実施しました。

【分かったこと】
その中の3商品で新商品の受容性があることが分かりました。

【活用方法】
これら3商品を元として新商品開発を検討。

メディア・広告新規開発調査MycommentCODE

業界の一覧